犬のかかりやすい病気【1歳〜5歳】

犬のかかりやすい病気【1歳〜5歳】

1歳から5歳ぐらいの成犬の時期というのは事故を除いたら大きな病気というのは少ないわけですが、それでもかかる可能性のある病気はあります。

そういう病気を予防するためには、普段から犬のしぐさや体調の変化に気を付けて観察するようにします。

 

犬の栄養状態で気を付けないといけないのが肥満です。

いくら運動をさせているとはいっても食べる量が多すぎると肥満になる可能性が高くなります。
肥満状態というのは別に病気になっているわけではありませんが、その状態が続くことにより老犬になった時に様々な病気を引き起こすきっかけにになります。

 

地肌が見えるほど大量に毛が抜けたり、掻き毟っている状況が見られるのであればアトピー性皮膚炎にかかっていることが多いです。
この原因は細菌やノミ、ダニと言った寄生虫やホルモンの分泌異常、食品など様々なものがあります。日頃から定期的なブラッシングをしてあげたり、体をこすることにより犬を清潔にするように心がけます。

 

歯を磨かないと歯垢が溜まることにより歯周病になってしまいます。
歯周病というのは歯肉が腫れることにより血が出たり、歯がぐらぐらして抜けてしまうという病気です。歯垢が溜まっている犬ややわらかいものばかり食べている犬は歯周病にかかりやすいので注意します。よく歯を磨くことと犬用のガムなどで歯の健康を保ちましょう。

 

耳の中に水が溜まったり、昆虫などが入ったり、細菌感染するようになると悪臭のする黄色の耳垢がたくさん出ます。
そういう状態になってしまうと外耳炎になります。外耳炎予防のためには2週間に1度麺棒で汚れをふき取るなど耳掃除をします。

特に耳が垂れた犬は外耳炎になりやすいので注意してください。