犬の散歩は一日一回?

犬の散歩の回数は環境次第?

「犬の散歩は、一日一回が適切か」というと、2つの意味があるのではないかと思います。
「一日一回でいいのか(二回以上必要か)」という意味と、「一日一回は最低でも必要なのか(散歩はいらないのではないか)」という意味です。
ここでは、「一日一回でいいのか(二回以上必要か)」という問題について考えてみます。

 

結論からいうと、「犬種や飼い方による」ということになります。

 

犬種についていえば、大型犬の場合は、やはりある程度の運動量が必要になるので、一日一回では足りなくなる場合が多いでしょう。
小型犬の場合には、運動量の点からいえば、一日一回でも十分なはずです。室内飼いの小型犬の場合には、散歩は不要であるという人もいます(この問題は、項を改めて考えます)。
もっとも、大型犬の場合でも、老犬になると、あまり長距離の散歩は必要でなくなるので、その場合は、一日一回でもよくなるかもしれません。

 

犬種以上に散歩の回数に影響するのは、飼い方の問題です。
特に室内飼いと室外飼いの差は大きいです。室内で飼っている場合、運動量が不足するように思えるかもしれませんが、狭いゲージに入れているような場合は別として、ある程度犬が自由に動ける状態で飼っているのであれば、意外と運動量は確保されているものです。室内で飼っているということは、基本的に小型犬でしょうから、その点からも運動量はあまり多くなくても大丈夫なのです。この場合、散歩は一日一回でも十分でしょう。
逆に、室外でリードにつないで飼っているような場合は、ほとんど身動きができませんから、どうしても運動量が不足しがちになります。この場合、できる限り一日二回以上は散歩をさせるべきでしょう。

 

また、トイレのしつけの問題もあります。室内飼いで、室内でもトイレをするようにしつけている場合は問題ありませんが、外でしかトイレをしない犬の場合、散歩につれていかずにトイレを長時間我慢させると、健康を害する心配もあります。