ペット保険の保険金が支払われないケース

保険金が支払われないケース

ペット保険の保険料が支払われないこともある

人間と違って健康保険が適応されないペットのためのペット保険ですから、怪我や病気では、もちろんのこと皮膚病や外耳炎などの軽度の治療でも保険金は支払われます。

また、ガンや心臓病などの命にかかわる病気でも保険の対象とされて保険金を受け取ることが出来るのです。

そんなペットの怪我や病気の際には大いに役立つペット保険ですが、支払いの対象とならず、保険金が下りないケースもあります。

 

保険料が支払われないケースとその理由

支払いの対象とならない理由は2種類に分かれています、一つは主にペットの怪我や病気の原因や種類です。

その内容はペットの怪我や病気が地震や津波のような自然災害が原因な場合、ペットの怪我や病気が保険に入る前に既に発見されていた、または生まれつきの先天性異常であった場合、契約者がこれらのことを隠した場合。

もう一つの支払いの対象とならないのは診療費の内容です。

ペットの病気予防のための治療は保険外です、ワクチン接種やその他の病気を予防する検査や投薬など予防に関しては一切お支払いは出来ません。

怪我や病気では無い治療に関しても保険の対象外です、ペットの出産、妊娠などがそうです、妊娠は早産や流産などもありますが、全て保険外となります。

検査関係も保険金は下りません、健康診断とか漢方、鍼灸、温泉治療なども適応外ですので気をつけるべきです。

また病院で受け取ったとはいえ、サプリメントやビタミン剤に関しても保険代は請求できません、あくまで事故でペットが怪我や病気になって動物病院で治療を受けたことでペット保険の保険金が支払われるのです。

その他気をつけなくてはいけないのは、普通に怪我や病気で動物病院へ行ったとしても、それが休日なら休日診療費用がかかります。

そしてまた、診察時間以外のときなら、時間外診療費が病院から請求されます、そのような費用に関しても保険金からは支払われないので知っておく必要があります。

関連ページ

ペット保険とは
日本ではまだ馴染みが少ない「ペット保険」。名前の通りペットにかける保険なのですが、いったいペット保険とはどのようなものなのでしょうか。
ペット保険のメリット
ペットにも保険があります。ペットの怪我や病気のときに通院や治療にかかる費用の負担を軽減できるペットの保険に加入する方が近年になり徐々に広がっています。
ペット保険の加入率
ある調査では、日本のペット保険加入率は3〜4%という結果が出ています。これは、欧米の20%という数字と比べるとあきらかに市場に浸透していないことが見て取れます。
ペットの交通事故
ペットを飼っている際、特に気を付けるべきトラブルといえば、交通事故です。ペットの交通事故は非常に多く、犬の散歩中に事故が起きるケースもあれば、脱走している最中に事故に遭うなど、様々なケースが報告されています
ペット保険の保険料
ペット保険に入る際に気になることは保険料の金額です、保険料はペットの条件によってかなり違いがあるので、入る前にしっかり確認しておきましょう。
ペット保険のトラブル
ペット保険は日本に最近出来た保険会社なだけに出来た当初はサービスが悪くてかなりトラブルが多い業界だったのです、それはペット保険が日本に出来て20年経った現在でも、トラブルが少ないとは言えません。
ペット保険の契約:審査
生命保険や医療保険などの加入するときには、保険に入る条件が整っているかどうかの審査を保険会社側で行なわれます。それと同様でペット保険にも加入する際に審査が行なわれます
ペット保険の契約:告知義務と通知義務
保険の契約が成立する条件に告知義務と通知義務を守ることが重要となっています。告知義務とは保険に入る前に自分が過去にかかった病気の事実を伝える、または申込書に記入する必要があります
ペット保険の種類:定率補償型と実費補償型
ペット保険の保険金の支払われるプランは、定率保証型と実費補償型型の2種類のプランが用意されています。定率補償型は、ペットが怪我や治療で動物病院で治療を受けた際の治療費をペット保険会社からもらえる金額は、ペット保険会社に加入したときに決められた定率分の補償金が支払われます。
ペット保険請求の種類:立替請求型と窓口割引型
ペット保険金を請求する方法は、立替請求型と窓口割引型とがあります、立替請求型は、ペットが怪我や病気になり、動物病院へ行って治療を受けた後に、治療の診断書を動物病院で発行してもらい、その場で治療費を全額支払います。
ペット保険の業界
ペット保険はまだ出来てから20年も経っては居ません、人間の保険と比べるとまだまだ歴史の浅い業界で、多くのペット保険会社設立されましたが日本人は欧米に比べたらペットに何かがあるときのためにペット保険に入っておく、という危機意識が薄いために加入する人があまりおらず倒産した会社が後を絶ちませんでした。
ねこのペット保険
ねこは犬の次に多く飼われているペットです、犬と違って気まぐれな性格で、気が向いたときしか甘えてくれない個人主義な動物ですが、見た目の愛らしさとやわらかい動きがたまらない魅力で、犬よりねこが好き、だと言ってねこのファンも多く存在するのです。
評判の良いペット保険その1:『ペッツベスト』
ペッツベストは2005年にアメリカで設立されたペットのための保険会社です。獣医師であるDr.ジャック・スティーブンスが、当時ペットの医療費がかさむという経済的な理由で安楽死を施さねばならない現状を解決するべく1981年にアメリカ初のペット保険会社を設立したのがきっかけです。
評判の良いペット保険その2:『PS保険』
「PS保険」であれば、その他のペット保険よりも、保険料を抑える事ができます。その理由としては、インターネット販売に特化したペット保険だからです。最近は、自動車の任意保険料が安い会社がたくさんあります。