ペット保険の審査方法とは

ペット保険にも加入審査がある

獣医師と犬

 

生命保険や医療保険に加入するときには、保険会社側で保険に入る条件が整っているかどうかの審査が行なわれます。

 

それと同様に、ペット保険の場合にも加入する際に犬や猫に対して審査が行なわれることはご存知ですか?

 

ペット保険の審査方法や加入条件は会社によっても異なります。

 

なかでも過去に大病にかかり治療を受けた経験があったり、特定の疾患と診断されているとペット保険に加入できない(審査に落ちる)場合もあります。

ペット保険の審査には「告知」が必要

書類を書く飼い主

 

ペット保険に申し込みして加入審査を受けるためには、犬や猫の健康状態についてペット保険会社へ提出・告知する義務があります。

 

具体的には、

 

  • 年齢、種類
  • 現在のペットの健康状態
  • 病歴、手術歴、既往歴
  • ワクチン、予防接種の経験
  • 妊娠、出産の経験

 

など、ペットの健康状態と通院歴に関する内容です。(告知しなければならない項目はペット保険会社によって異なります)

 

告知内容にウソを書くとバレる?

 

ペット保険審査のための告知書にウソの内容を書いてしまうと「告知義務違反」となり、審査に落ちることもあります。

 

もし悪気が無く誤った内容で提出して審査を通り、ペット保険に加入できたとしても、後々契約を解除されたり保険料の支払いがされなくなってしまう可能性も。

 

加入審査の際、ペット保険会社は動物病院や担当の獣医師さんなどに調査をすることがあるためウソの告知は必ずバレると思ったほうが良さそうです。

 

 

●ペット保険の告知について詳しくはこちらの記事もどうぞ⇒『ペット保険審査のための告知義務と通知義務』

ペット保険審査に落ちない為の「加入条件」

2匹のチワワ

審査に通るための加入条件もまた、ペット保険会社によって異なります。

少額短期保険ペッツベストの加入条件を例にあげてみます。

ペッツベストの加入条件


  1. 家庭で愛玩用として飼育されている犬、猫
  2. 生後満50日〜16歳11か月まで
  3. 過去に特定の病気と診断されたり、治療を受けた経験が無い

審査落ちの可能性が高い特定の病気


●犬・猫共通

悪性腫瘍(ガン)・腎不全・糖尿病・重度の外耳炎・脳・神経系疾患・気管虚脱・肝硬変・肝不全・ホルモン性疾患・膵外分泌不全・先天性疾患(VSD、PDA、AS、PS、TOF)・炎症性腸疾患(IBD)
●犬

椎間板ヘルニア ※ダックスフンド(カニーンヘン、ミニチュア、スタンダード)、ウェルシュ・コーギー(カーディガン、ペンブローク)、ビーグル、フレンチ・ブルドッグの場合
●猫

猫伝染性腹膜炎(FIP)・猫免疫不全ウィルス感染症(FIV)・猫白血病ウィルス感染症(FeLV)
※すべてペッツベスト公式サイトより引用

上記のように、極端に高齢だったり重大な疾患、特定品種に多い持病などを患っているペットは審査が通らず審査落ちしてしまうことがあります。

ペッツベストの場合は16歳まで加入できますが、会社によっては9歳未満じゃないと審査に通らないペット保険もあります。

ペットの健康状態を申告する“告知書”や“入会申込書”などを送付後、審査に通ったとの通知が来たら晴れてペット保険に加入することができます。

ペット保険審査に通った後の「待機期間」

招き猫と猫


実は、審査が通ったからって翌日ペットが病院へ行くとき保険料がもらえるということではありません。

大抵のペット保険会社では審査が通った後、保険開始から数日間〜1か月(保険会社によって異なる)程度待機時期があります。

その間に動物病院にかかった治療費は保険対象にはならないので、注意しましょう。

その他ペット保険審査の条件・必要な書類など

猫を抱く女性後ろ姿

ペットの年齢や保険会社によって、動物病院での健康診断をしたという健康診断書の提出が必要な場合もあります。

同じペット保険でもサービスにかなりの差が生じます。ペットや自分の環境に合ったペット保険を選ぶのが可愛いペットのためにもなります。

どのペット保険にすればいいかじっくり決めたいという飼い主さんは、一括資料請求が便利です

⇒「保険スクエアbang!」人気のペット保険資料を一括で請求

ペット保険は早めの加入が◎!


どんな動物でも高齢になればなるほど病気を患ったり、健康状態が悪くなることが多くなります。

保険料が必要なほどペットの通院が増えたころには、もう加入条件を満たしていないなんて可能性も

審査には加入条件や待期期間もあるので、犬や猫のペット保険加入を考えているなら早めに話をきいてみるのが得策ですよ。

年間人気ランキング4年連続1位のペット保険【ペッツベスト】

  • 獣医師が作った本当にペットのことを考えた医療保険制度
  • 加齢による保険料の負担も緩やか
  • 医療費用の80%補償(※免責金額を除く)
  • 通院・入院・手術でも1日の限度額なし
  • わかりやすいシンプルプラン

人気No.1ペット保険【ペッツベスト】を詳しく見る

関連ページ

ペット保険とは
日本ではまだ馴染みが少ない「ペット保険」。名前の通りペットにかける保険なのですが、いったいペット保険とはどのようなものなのでしょうか。
ペット保険のメリット
ペットにも保険があります。ペットの怪我や病気のときに通院や治療にかかる費用の負担を軽減できるペットの保険に加入する方が近年になり徐々に広がっています。
ペット保険の加入率
ある調査では、日本のペット保険加入率は3〜4%という結果が出ています。これは、欧米の20%という数字と比べるとあきらかに市場に浸透していないことが見て取れます。
ペットの交通事故
ペットを飼っている際、特に気を付けるべきトラブルといえば、交通事故です。ペットの交通事故は非常に多く、犬の散歩中に事故が起きるケースもあれば、脱走している最中に事故に遭うなど、様々なケースが報告されています
ペット保険の保険料
ペット保険に入る際に気になることは保険料の金額です、保険料はペットの条件によってかなり違いがあるので、入る前にしっかり確認しておきましょう。
ペット保険のトラブル
ペット保険は日本に最近出来た保険会社なだけに出来た当初はサービスが悪くてかなりトラブルが多い業界だったのです、それはペット保険が日本に出来て20年経った現在でも、トラブルが少ないとは言えません。
ペット保険の告知義務とは
保険の契約が成立する条件に告知義務と通知義務を守ることが重要となっています。告知義務とは保険に入る前に自分が過去にかかった病気の事実を伝える、または申込書に記入する必要があります
ペット保険の保険金が支払われないケース
人間と違って健康保険が適応されないペットのためのペット保険ですから、怪我や病気では、もちろんのこと皮膚病や外耳炎などの軽度の治療でも保険金は支払われます。また、ガンや心臓病などの命にかかわる病気でも保険の対象とされて保険金を受け取ることが出来るのです。
ペット保険の種類:定率補償型と実費補償型
ペット保険の保険金の支払われるプランは、定率保証型と実費補償型型の2種類のプランが用意されています。定率補償型は、ペットが怪我や治療で動物病院で治療を受けた際の治療費をペット保険会社からもらえる金額は、ペット保険会社に加入したときに決められた定率分の補償金が支払われます。
ペット保険請求の種類:立替請求型と窓口割引型
ペット保険金を請求する方法は、立替請求型と窓口割引型とがあります、立替請求型は、ペットが怪我や病気になり、動物病院へ行って治療を受けた後に、治療の診断書を動物病院で発行してもらい、その場で治療費を全額支払います。
ペット保険の業界
ペット保険はまだ出来てから20年も経っては居ません、人間の保険と比べるとまだまだ歴史の浅い業界で、多くのペット保険会社設立されましたが日本人は欧米に比べたらペットに何かがあるときのためにペット保険に入っておく、という危機意識が薄いために加入する人があまりおらず倒産した会社が後を絶ちませんでした。
ねこのペット保険
ねこは犬の次に多く飼われているペットです、犬と違って気まぐれな性格で、気が向いたときしか甘えてくれない個人主義な動物ですが、見た目の愛らしさとやわらかい動きがたまらない魅力で、犬よりねこが好き、だと言ってねこのファンも多く存在するのです。
評判の良いペット保険その1:『ペッツベスト』
ペッツベストは2005年にアメリカで設立されたペットのための保険会社です。獣医師であるDr.ジャック・スティーブンスが、当時ペットの医療費がかさむという経済的な理由で安楽死を施さねばならない現状を解決するべく1981年にアメリカ初のペット保険会社を設立したのがきっかけです。
評判の良いペット保険その2:『PS保険』
「PS保険」であれば、その他のペット保険よりも、保険料を抑える事ができます。その理由としては、インターネット販売に特化したペット保険だからです。最近は、自動車の任意保険料が安い会社がたくさんあります。